みんなニコモだった!〜第4回 久保ユリカ〜

出演: 久保ユリカ

【独占インタビューあり】少女モデルからグラビア、そして声優へ。ボーイッシュな髪型、ファッショナブルなルックス、爽やかな笑顔、そして関西出身らしい楽しい人柄。ニコモ時代とほとんど印象の変わらない久保ユリカだが、ニコラ卒業後もニコモ時代と同じ路線のモデルを目指した多くの仲間とは違い、モデルを続けながら彼女が新たに選んだのは、グラビアアイドルの道。現在は声優として人気者になるなど、ニコモ時代とは全く違う分野で輝いている久保ユリカだが、そこには何度もくじけそうになったという意外な苦労時代があった。
※独占インタビューは、ビューアー起動 ⇒ ツールバーのテキストアイコンより閲覧可能です。

【魚住誠一 撮影データ】
まだ寒さが残る東京で午後3時からロケを開始。久保ユリカさんとは、撮影前の打ち合わせで1回話はしているのだが、事実上初めての撮影。それなりに距離感があるところから撮影を始める。場所は渋谷を選んだ。井の頭線の方からライブハウスのある方へ。そのままラブホテル街まで、目についた色のある場所で撮る。少しだけおとなの会話をしながら神泉あたりを徘徊。なぜだか、ユリカさんには色のある場所が似合う。ゆっくりと撮っているともう時間は4時を回る。陽が落ちて来た。カメラの感度をISO800から1000にまで上げる頃には東急デパートのあたりまで歩いて来た。今回、魚住がチョイスしたレンズはタムロンの大口径ズームレンズ24-70mmF2.8VCだ。手ぶれ補正機能内蔵なので暗くなってMFでもピント合わせがラクなのである。4時30分を過ぎた頃からストロボのバウンズ&スローシンクロで渋谷の街にユリカさんを馴染ませる。後半はナマでダイレクトにストロボ発光。強い色彩にもユリカさんは映える。7時になったらROCK BARで水着撮影。洋服の時とは別人のユリカさん。基本はダイレクトにストロボを飛ばす。そのリアリティにセレクトの段階でため息が出るほど美しい。このような引きが無いお店での撮影にはやはりズームレンズが使いやすい。24mmからあるタムロンの24-70mmF2.8VCはレンズ内モーターの採用でAFで素早いピントが来る。もっともっとユリカさんを撮りたい!と思いつつ、今回のセッションは8時を迎えて終了となった。

使用カメラ/キヤノンEOS1DX
使用レンズ/タムロン24-70mmF2.8VC
使用ストロボ/キヤノン580EXII

サンプルをチェック!

閲覧するにはログインが必要です。